奥能登のお斎(おとき)と和尚のお話


by buddhytourism
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

浄土宗布教師会北陸支部研修会 2 於山の寺寺院群宝幢寺

 疲れていて眠かったのですが、やはり布教実演が心配で、25日午前零時半には目が覚めてしまいました。眠ろうと思っても眠る事が出来ず、、、

b0195519_4505734.jpg 仕方なく、ホテルの部屋の中で、布教実演の練習を始めました。いくら個室とはいえ、夜中に声を出せば他の方に迷惑をかけます。声を出さず、ストップウオッチ片手に練習しました。夜が明け、字が読めるぐらい明るくなってからは、ホテル前の足湯につかりながら、練習。

 午前8時過ぎには、会場となる七尾市山の寺寺院群宝幢寺さんへ。ご本尊に挨拶をし、布教実演場所の確認。ゲッ!メチャクチャ高座が高いやんけっ!お説教の始まりと終わりには、決まった作法があります。手や足の動作まで、全て決められているんです。高座が高いと、登るのが大変なんですよね。

b0195519_4514726.jpg 午前9時より、勤行が始まり、その後、新潟、富山、石川、福井の順に布教実演が行われました。わたくしは3番目。もう、ドキドキでした。

 わたくしのお説教は、「大学の講義を聴いているみたい」とよく言われます。仏教教義、浄土宗教義を伝えたいと思うあまり、どうしても説明中心になってしまいます。しかし、これでは、特にお年寄りの方が眠ってしまいます。今回は、それを肌で感じました。もっと、比喩話、因縁話を入れなければと実感しました。

 何とか、大きなポカも無くと言いたいところですが、最後に大きなポカをしてわたくしのお説教が終わりました。終われば、なんと、お布施を頂きました!いや、ビックリいたしました。お勉強させてもらったのにお布施?しかも、30分でこんなにも。

 いろいろな事に手を出し過ぎ、しかも、昨年からドタバタ忙しくなり、全ての事が中途半端になっていました。布教の勉強はこれからも続けていくつもりでしたが、この布教実演で一応の区切りをつけ、中途半端になっている事に少しずつ取り組んでいこうかと思っていたのですが、、、

 わたくしのお説教が終わってから、富山県のとある御住職がやってきて「あなたのお説教が気に入りました。是非、うちのお寺でお説教をしてください」と、、、エッ?何?それ! スター誕生に応募した素人が、一週目でいきなりレコード会社からオファーを頂き、CDデビューするようなものです。

 ビックリするやら、嬉しいやら、わたくしで良いのかな?と言う気持ちが入り混じり、、、まだまだ、一生懸命布教の勉強をしなあかんのやで、と阿弥陀様が仰っているようです。
[PR]
by buddhytourism | 2011-05-27 04:53 | 浄土宗